医療機関、介護施設の皆様のお悩みを解決いたします!

医療機関や介護施設の皆様は、日々様々な問題に頭を悩まされています。
対応を考えるのに時間がかかってしまい、また、対応がまずくいつの間にか紛争になってしまった・・・など、医療や介護の現場ではそういうリスクが常にあります。

そういった悩みや困りごとは、早い段階で是非専門家にご相談ください。
私達は、医療・介護法務のプロフェッショナルです。
日々発生するクレーム対応、患者対応、家族対応から、事故対応、保険会社対応まで、医療介護法務の隅々まで対応させていただきます。

皆様に安心して本業に打ち込んでいただけるよう、迅速かつ丁寧な法的サービスをご提供させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

ご挨拶

東京・三宅坂総合法律事務所所属弁護士

伊東亜矢子

医療問題、医療法務はなんでもおまかせください!
どんな小さなことでも、「かかりつけ弁護士」として
全力でサポートいたします。

»続きを読む


弁護士法人名古屋総合法律事務所代表弁護士

浅野了一

医療機関、病院、介護施設の皆様の、メディカルローヤーとして、
お悩みに寄り添い、チームを組んで解決いたします。

»続きを読む

業務案内

医療事故

医療現場で生ずる様々な事故に対し、代理人として患者や家族との話合いを行い、裁判、調停、医療ADR 等第三者を介した解決手続に対応する等、事故の内容に応じた対応を致します。

患者対応

病院としては説明を尽くしているのに患者さんやご家族の理解が得られない、対応困難な要求が繰り返しなされる、といった事態にお困りの場合、弁護士が介入し、場合によっては医療ADR 等第三者を介した話合いを行うことなどの対応を致します。

医療法務

医療安全に関するセミナーによる医療事故の予防・事故後の対応等についての職員の意識向上、SNS の利用や研究費の取得等に関する規程の整備やセミナーによる職員のコンプライアンス意識の向上、診療情報の開示と個人情報保護法の関係等病院として順守すべき法律に関する規程や手順の整備などを致します。

診療費の回収

未回収の診療費について、MSW と連携するなどして実効的な回収を目指します。必要に応じ支払督促、少額訴訟その他の法的措置を講じます。また、できる限り未収金を発生させないための予防策を講じる対応も致します。

介護施設での事故

介護現場で転倒・転落等の事故が生じてしまった場合に、利用者又はご家族との話合いや紛争対応を致します。また、そもそもの利用契約の内容に問題はないか、利用者やご家族への説明は十分か、現場の手順やマニュアルの整備等も含めて検討させて頂きます。

労務問題

患者さんの命を預かる医療現場では、職員の心身の負担が大きく、様々な労務問題が生じ得ます。残念ながら病院と職員との間で紛争が生じてしまった場合の対応は勿論、重大事態に至ってしまう前の予防策として、服務規程の整備やハラスメントについてのセミナーを行うこと等により職員個々の意識を高めたり、外部窓口として弁護士が職員個々の相談を聞き、必要な措置を病院と相談しながら講じるといった対応も致します。

セミナー等

最新情報

2017.07.15
名古屋医療センターにて、あおい在宅診療所主催第2回「エンドオブライフケアと意思決定」と題して、複数の事例を取り上げたワークショップをさせていただきました。
2017.07.10、07.11
和光会グループにて、「リスクマネジメント研修」と題して、講義とグループワークをさせていただきました。内容について詳しくはこちらをご覧ください。
2017.05.25
日本赤十字社本社 医療安全担当者研修
2017.05.25
学研eラーニングの収録

PDFはこちらをご覧ください。
2017.05.20
名古屋市西区休日診療所にて、あおい在宅診療所主催のセミナーにて、
「エンドオブライフケアと意思決定」
と題して講義とワークショップをさせていただきました。

2017.05.16
日本赤十字社 埼玉県支部 講演
2017.04.26
日本赤十字社 看護管理者研修
2017.04.17
名城病院にて、医療法人 貴友会 あおい在宅診療所 様と共に、わいがや法律相談所と題して地域医療連携勉強会を開催いたしました。
2017.04.10
女子医大 研修
2017.04.07
医療法人 宏潤会 大同病院にて、「医師と法律」というテーマで勉強会を開催いたしました。
2017.02.24
日本赤十字社本社 医療安全担当者研修
2016.12.01
医療法人 宏潤会 大同病院にて、
「地域医療連携のピットフォールとブラックホール」
というテーマで勉強会を開催いたしました。

内容について詳しくはこちらをご覧ください。
2016.12.17
女子医大臨床指導医講習会での講演
2016.11.14
京都第一赤十字病院での講演
2016.10.01
福島県医師会での講演
2016.09.30
日本赤十字社医療安全管理者会議での講演 「裁判例から振り返る医療安全」
2016.09.09
関東弁護士会連合会シンポジウム「医療と子ども~子どもの成長発達と自己決定~」 パネルディスカッションコーディネーター
2016.08
8月中旬より日赤eラーニング配信開始予定
2016.07.29
日本赤十字社医療安全推進室長会議 「裁判例から振り返る医療安全」

医療関係セミナー

医師の方向け講座
医師の法律ガイダンス(研修医向け/ロールプレイ込み)
研修医が事故・トラブルを起こした際どう対応するか(指導医向け)
医療の安全の推進は質の向上につながる
看護師の方向け講座
医療安全における法的問題(e ラーニング)
看護管理者研修;前半 講義(医療従事者と法律)/後半 演習
多職種の方向け講座
医療安全とコミュニケーション
病院におけるクレーム対応
医療安全~裁判事例を参考に~
医療安全研修(ロールプレイ込み)
裁判事例から学ぶ医療安全~長引く紛争で苦しまないために~
事故発生時の初期対応
医療倫理と法律~臨床現場の行動指針の手がかりとして~
弁護士の方向け講座
医療事件の実務~調査編(患者側弁護士と共同で担当)

労働関係セミナー

  • 企業を取り巻くリスクとその対応 ― 人事・労務管理を中心に
  • コンプライアンス研修
  • 職場におけるセクシュアルハラスメント・パワーハラスメントについて

各種セミナーについて、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

弁護士紹介

東京・三宅坂総合法律事務所所属
弁護士

伊東 亜矢子

Ito Ayako

詳細はこちら
【略歴】
  • 東京大学法学部
  • 最高裁判所司法研修所司法修習生(55期)
  • 三宅坂総合法律事務所 入所
  • 新星総合法律事務所 移籍
  • 三宅坂総合法律事務所 復籍


弁護士法人名古屋総合法律事務所
代表弁護士・税理士・社会保険労務士

浅野 了一

Asano Ryoichi

詳細はこちら
【略歴】
  • 名古屋大学法学部卒業
  • 最高裁判所司法研修所司法修習生(34期)
  • 岩田孝法律事務所 入所
  • 弁護士法人名古屋総合法律事務所を設立


弁護士法人名古屋総合法律事務所
社員弁護士・税理士

杉浦 恵一

Sugiura Keiichi

詳細はこちら
【略歴】
  • 愛知県生まれ
  • 東京大学法学部卒業
  • 東京大学法科大学院修了


弁護士法人名古屋総合法律事務所
弁護士

塚本 菜那子

Tsukamoto Nanako

詳細はこちら
【略歴】
  • 静岡県生まれ
  • 東京大学教養学部卒業
  • 東京大学法科大学院修了


医療法務 Q&A

医療法務 Q&A

医療法務に関する、よくあるご質問を集めました。

詳しく見る▶

裁判になる前でも弁護士に相談できるの?

もちろん大丈夫です。ご相談を受けた場合、まずは病院の見解を詳しく伺って、反省すべき点がある場合には早期の和解に向けた対応をとり、医療行為や説明に特に問題がないと考えられる場合でもまずは患者さん側に病院の見解を正しく伝えるなどの対応をとります。

いつも荒っぽい物言いをするので女性職員が怖がっている患者さんがいるんだけど…

まずは、SOSがあれば警備員や複数職員が集まり対応できる態勢を整え、暴力行為に及ぶ場合などは警察への通報も行うということを全職員に周知する必要があります。具体的にどんな場面でどんな発言があったかを記録(できれば録音、難しい場合はメモなど)に残し、記録を示しながらあらかじめ所轄の警察署に相談しておくと、より速やかな臨場につながることが期待できます。

クレームばかりつけてくる患者さんは今後診療を拒否したいんだけど・・・

医師法上、診察治療の求めがあった場合、医師は正当な事由がなければこれを拒んではならないと定められています(19条/いわゆる「応召義務」)。
裁判例の中には、
①医療機関・医師と患者の信頼関係が失われていること、
②診療・治療の緊急性が存在しないこと、
③代替医療機関が存在すること
を条件として正当事由ありと判断したものもあり(弘前簡易裁判所平成23 年12 月16 日判決)、このような場合に当たるかどうかが問題となります。判断に迷われる場合はどうぞご相談下さい。

患者さんが入院費用を払ってくれないので家族に請求してもいい?

入院費用の支払義務を負うのは診療契約の当事者である患者さんなので、原則として家族に請求することはできません。家族が入院に際し保証人となっていたようなケースでは家族に請求することもあり得ます。

利用者が転んで怪我をしてしまったら、必ず施設側の責任になるの?

どんな場合も必ず施設側の責任になるということはありません。裁判では、施設側が転倒事故を予見することができたか、転倒事故を回避することは可能であったかが、当該利用者の受入れから事故に至るまでの具体的な経過に基づいて判断されます。個々の利用者のリスクについて評価し、必要に応じて見直しもしながら、リスクに応じた具体的な事故防止策を講じていたと言えるかが大切です。

コラム

2016/12/01

「地域医療連携のピットフォールとブラックホール」第1回

平成28年12月1日、だいどうクリニックにおいて、「地域医療連携のピットフォールとブラックホール」と題した勉強会の第1回が開催されました。この勉強会は、地域包括ケアアシステムの構築の重要性が益々高まる現代において ... 続きはこちら

2016/09/21

関東弁護士会連合会平成28年シンポジウムについて

東京三弁護士会(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)及び関東10県の弁護士会によって構成される関東弁護士会連合会において、平成28年9月9日、「医療と子どもの権利~子どもの成長発達と自己決定~」をテーマとするシンポジウムが開催されました ... 続きはこちら

アクセス

三宅坂総合法律事務所

〒100-0011
東京都千代田区内幸町2丁目1−4
日比谷中日ビル 6F

TEL:03-3500-2923 (伊東直通)

FAX:03-3500-2741/2743 (代表)

銀座線「虎ノ門駅」直結0分

丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」徒歩7分

都営三田線「内幸町駅」徒歩8分

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
名古屋市中区丸の内 2-20-25
丸の内STビル 6階

TEL:052-231-2601

FAX:052-231-2602

桜通線・鶴舞線「丸の内駅」
4番出口より東に徒歩 2分

桜通線・名城線「久屋大通駅」
1番出口より西に徒歩 6分

東山線・鶴舞線「伏見駅」
地下街連絡通路出入口E より北に徒歩 6分

関連サイト

企業法務 会社設立 登記相談
交通事故相談 事務所サイト